時効廃止を目指して!など、今日の気になるニュースについての雑記帳です。お気に入りの番組をみての感想や、気になるアイテムについても、忘れないようにメモしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賛成かも・・・

17日、森英介法務大臣は、凶悪・重大犯罪の公訴時効について、廃止する方向で
見直すべきだという見解を明らかにしました。

人命を奪った犯罪(生命侵害犯)の中でも殺人と強盗殺人罪については公訴時効を
廃止して、その他の犯罪も時効期間を延長することを目指しているようです。

森英介法務大臣は、記者会見の席上で次の点数強調した。

「国民の意識のありようの変化を十分踏まえつつ、関係者、一般国民の皆様からの
ご意見をうかがって、客観的、理性的、論理的に検討を積み上げてに取り組んだ結果」

ただし、廃止や期間延長の対象犯罪、期間延長の年数、時効進行中の事件への適用
などについては「さらに検討を要する」として結論が出ていないことを示唆しました。

今後も勉強会を開催し、国民の意見募集などを行って時効制度の在り方、見直しに
ついて、さらなる検討を行っていく模様です。

時間が過ぎると遺族や社会から犯罪への処罰感情が薄れるという問題については、
「一切妥当しない」ことを明言。つまり、何年経とうが、犯人が行った犯罪を重視し、
処罰を下すべきである、という考え方ですね。
昨今の犯罪発生率上昇、検挙率下降、という治安大国日本の危険が現状を反映して
の取り組みであるといえるでしょう。
ただし、反対意見も出ているということで、なお慎重な審議を重ねていく必要がある
としています。

時効については、世界各国で取り組みが異なります。たとえば、アメリカでは殺人
事件に対する時効がありません。実際に事件発生からかなりの時間を経ていても
新しい証拠、証言が見つかり、逮捕につながるケースもあるようです。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090717-00000026-mai-soci

Copyright © 今日のニュースのおさらい All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。