演歌歌手の山本譲二さん右耳の難聴を告白など、今日の気になるニュースについての雑記帳です。お気に入りの番組をみての感想や、気になるアイテムについても、忘れないようにメモしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「顔面神経良性腫瘍」っていう病名を初めて知りました。
山本譲二さんにはめげずに病気に打ち勝って欲しいですね。



「みちのくひとり旅」の大ヒットで知られ、デビュー35周年を迎える演歌歌手の
山本譲二さん(59)ですが、右耳が聞こえない状態(難聴)になっていることが
明らかになりました。

山本さんは自身のブログにて

「右耳の耳小骨(じしょうこつ)に良性腫瘍(しゅよう)ができていた」と公表。

放射線療法により治るようなのですが、99%の確率で顔面神経痛(顔面マヒ)に
なると告知され、治療を断念したようです。
しかし、多くのファンからあたたかい声援を受けてから考えを改め、

「ショックで投げやりな気分だったが、ファンの皆さんに励まされた。自分がバカ
だった。負けないで、治せる先生がいると信じて治療法を探りたい」

と病気と闘うことを明言しました。

「顔面神経良性腫瘍」という病気で、約2年前から右耳が聞こえづらくなっていた
ことを自覚していた山本さんですが、今年5月頃からほとんど聞えないそうです。
この病気の発症例はきわめて少なく、原因も判明していません。

歌手として耳が聞こえないことを告白することは、仕事上でもハンディキャップを
背負うことになりますが、

「うそをついて仕事をするのが嫌だった。仕事は減るかもしれないけど、オレはうそ
がつけない」と涙ながらに語りました。
今年は、長女のKOTONOさん(22)がデュエット曲「枯葉のバラード」で歌手
デビューしたばかり。

山本譲二/俺たちの春 c/w枯葉のバラード(CD)

「キチッと治してくれる先生がいると思って、あきらめないで捜したい。死ぬわけ
じゃあないですからね」

会見で明るい笑顔で締めくくった山本さん。ご家族のためにも病気に打ち勝って
ほしいものです。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090723-00000045-spn-ent

Copyright © 今日のニュースのおさらい All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。